Deutsch | 日本語

 

第28回ドイツ語圏大学日本語教育研究会シンポジウム
テーマ: 「学習者の多様性に対応した高等教育における日本語教育」

ドイツの中等教育では、学習者のダイバーシティ(多様性)に対応するために広く実践されている指導法はディファレンシエーション(differentiation)と呼ばれています。日本語教育ではその概念はあまり提唱されていませんが、場合によって、「個別化」(池上 1995、三木 2020)や「区別化」(片岡 2012)という概念を使用して、研究を遂行したケースがあります。しかし、個別化・区別化という方法だけでは共同学習のインパクトがなくなり、協働学習も失われます。それを防ぐために、このシンポジウムを通して、ドイツの大学生の異なるレディネス、 興味や学習ニーズにどのように対応できるか、参加者と一緒に考えます。

期日: 2022年3月4日(金)〜6日(日)
会場: ケルン大学
日程: プログラムをご参照ください
招聘講師: 岩﨑典子氏(南山大学)、ウルリーケ・ハントケ氏(ベルリン)
参加申し込み:   「申し込みフォーム」から入って、
シンポジウム・ホームページ上で行ってください。
(締め切り2月20日、発表申し込みは1月15日まで)
参加費: 会員は無料、非会員は45ユーロ

 

※シンポジウムに関するご質問などがありましたら、 までご連絡ください。